​ソリューション・コンセプト

CO-CREATION

ビジネスを取り巻く環境が目まぐるしく変化し、先の予測が困難になった現代社会。Volatility(変動性)Uncertainty(不確実性)Complexity(複雑性)Ambiguity(曖昧性)の頭文字をとりVUCA時代といわれています。VUCA時代において、閉鎖空間から生まれる、予定調和的な方法論では、不確実性が高まる市場環境に対応し、多様化する社会的課題(ソーシャルニーズ)を解決し、社会に変容を起こすことできません。オープンな空間において、解決すべき課題を共有した多様な価値観をもつ個人、企業、組織を繋ぎ、互いへの「信頼」と「共感」を通じ、予定不調和や未知なるものを受け入れることで、革新的で持続可能な価値とソリューションを紡ぎ、社会実装を行います。それが「Co-Creation」です。

アジャイルに(新規)事業開発(創発)を実現する

SPRINT

VUCA時代において、「信頼」と「共感」で結びついていないステークホルダーとの合意形成を前提とした意思決定プロセスを経たスピード感のない新規事業開発がすでにレッドオーシャン領域で、期待された成果をあげられなかった経験をした企業も多いのではないでしょうか?「Co-Creation」は、課題を抱える個人、企業、組織の伴奏者・伴走者として「小さく素早く、大きく確実に、いま始める」をビジョンに掲げています。強いオーナーシップの下で、複数の個人、企業、組織を結合するオープン型ラボを運営し、それぞれの課題、強み、技術を最適化し、柔軟にピボット(方向転換)し、新しくわくわくするアイデアと新規事業を軽やかに最速で量産します。

solution_sprint.png
 
solution_bot.png

(新規)事業開発(創発)を、共にハックする

COMPANY CREATION 

「創ろう、共に、未来から」ーー。「Co-Creation」は、単なるコンサルティングファームとは違い、「信頼」と「共感」で結ばれたステークホルダーと「共に」持続可能な社会・経済システムを「創る」ためBOT(Build Operate Transfer)を行動指針として活動しています。自らが連続起業家となることで、主体的にオーナーシップを持ち、同時多発的に会社を起こし、高速に実証実験(POC, proof of concept)を回し、効果的な新規事業開発に繋げます。オープンプラットフォームで生み出されたアイデアをベースに、2025年までに、20~30社の起業を計画しています。

DEMO DAY

オープンイノベーション時代の社会資本を新結合する

VUCA時代においてオープンイノベーションを実現するためには、事業環境の急激な変化に耐え回復する「強靭さ」と「しなやかさ」、環境に迅速に適応する「適応力」、そして自ら学び、創造し、進化する「自己組織化」が必要とされています。「Co-Creation」は、オンラインおよびリアルイベントとして「Demo Day」を主催し、「スペキュラティブデザイン」や「エフェクチュエーション」などさまざまなテーマの講座を設け、学びと体験の場を提供し「学習する組織」の実現を支援します。また、「Demo Day」の開催を通じ、自律分散型の個人、企業、組織を「信頼」と「共感」で結び、ホラクラシー型のコミュニティを形成し、社内外のさまざま企業文化や経営手法を学び、それぞれの参加者に還元できるエコシステムを構築します。

base_w15~39_white.png

TOKYO INNOVATION STUDIO
〒104-0028

東京都中央区八重洲2丁目8-7

福岡ビル4F

Privacy Policy

© 2019-2020 Co-Studio