仙台市ヘルステック推進事業(2021)受託のお知らせ

信頼・共感をもとに新結合を促すCo-Studio株式会社(本社:東京都渋谷区、代表:澤田 真賢、以下「Co-Studio」)は、2021年6月1日に仙台市ヘルステック推進事業(2021)において、仙台市、東北大学病院等と連携して取り組むことになりましたことをお知らせいたします。




■背景

 高齢化の急速な進展による医療費の増大や医師不足の解消、健康寿命の延伸などが東北地方でも喫緊の課題となっている中、仙台市経済成長戦略2023(平成31年3月策定)にもとづき、ヘルスケア分野において、市内IT企業や関係組織との協業により、“ヘルステック(HealthTech)※”の産業競争力強化を通して、産業人材の育成及び人材が本地域に定着するための母体となる産業の創出を両輪で実施することによりHealthTechに関するイノベーションを継続的に生み出すための基盤を構築します。


※HealthTech…ITやその他の先端技術を活用し、ヘルスケアの新製品・サービスを開発すること。

■概要

 本連携により弊社は、独自に開発したイノベーション推進支援プログラムにおいて、アジャイルに事業開発を実現する“Sprint Service”と、新規事業開発を共にハックする“Company creation”と、共感を軸とする“コミュニティ形成”を展開します。

 具体的には、2020年度のヘルステック推進事業で発掘したビジネスアイデアの製品サービス化を支援し、仙台市ヘルステック推進事業のさらなる発展とヘルスケア共創価値向上に向けて取り組みます。また、多様な参加者が学びや情報交換等を通してビジネスの共創に取り組むことができるコミュニティ「仙台ヘルステックコンソーシアム」を設立する予定です。

Co-Studioは、“共感を軸に拡がるコミュニティの実現”というミッションのもと、事業を進めています。これからも、オープン・ イノベーションを促し、日本経済の成長と日本企業の再興発展に寄与できるべく邁進してまいります。


<参考URL>

仙台市ヘルステック推進事業

https://www.sendai-healthtech.com/